DAC 石川和則社長を
朝日新聞「フロントランナー」
で特集
親子の日 Press 2017年9月11日
「親子の日」の応援企業として私たちに多大な力を注いで下さっているDACグループを率いる代表の石川和則さんが、朝日新聞(9月2日)のフロントランナーで紹介されました。
フロントランナーのサイトはこちらから。

 

石川和則さんは、「親子の日」との出会いがきっかけでスタートした一般社団法人 DAC未来サポート文化事業団の代表理事でもあります。
2013年からスタートしたこの事業団の事業の一つに、小学生から作文や絵や写真を募集する「親子の日絆(KIZUNA)コンクール」があり、ブルース・オズボーンを審査委員長に、毎年実施されています。

 

「冒険で得られる感動を次世代に伝えたい」という石川社長自身の冒険心は留まることを知らず、北海道の余市・仁木町の美しい景観を一望できる丘に7万2000坪の土地を購入しワイナリーを建設。町おこしを視野に入れた新しい夢に挑戦中です。

 

DACホームページ

一般社団法人 DAC未来サポート文化事業団

nikihillsワイナリー

 

[第5回親子の日絆(KIZUNA)コンクール表彰式]:石川和則社長とブルース・オズボーンと記念写真に納まったコンクール入賞者とスタッフ

 

 

 

Your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *