Ada Trillo
親子の日 Press 2021年6月12日

 

日本外国特派員協会(FCCJ)で開催中の「親子写真まつり」に展示中の写真家を順次紹介させていただきます。

日本外国特派員協会(FCCJ)による写真展紹介記事(英文)

 

Ada Trilloは、フィラデルフィアを拠点に、社会問題をテーマに撮影をする写真家です。テキサス州エルパソの国境を越えた無秩序の街メキシコのフアレスで生まれ育ったAda Trillo は、人権侵害に因って引き起こされた人類への冒涜、気候変動と関連する国際移住など、私たちが直面している地球規模の問題に真正面から向き合う姿勢を常に貫き通しています。今回提供いただいた写真は、2020年1月にホンジュラスのサンペドロスラを出発してアメリカを目指したキャラバンがイダルゴ国境(メキシコとアメリカの国境)で国家警備隊によって国外追放された時の様子です。

サイトはこちら

催涙弾 / イダルゴ国境で撮影 / 2020年

Your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *