忙しいからこそ大切にしたい毎朝のハグと「いってきます」
親子の日 Press 2019年10月21日

 3つ違いの姉弟。子育ては本当に大変で、日々悩みながら子どもと向き合っています。繊細なタイプの長女は、知らない場所や人にはなかなかなじめず、そのことに妙に私が焦ってしまうことも。でも最近は、それも彼女のペースで、周囲の状況をじーっくり観察しているんだな、と思えるようになりました。

 私がどーんと構えるようになったこともあるのでしょう。長男も少し前までは繊細なタイプだと思っていましたが、今は物怖じしないタイプへと進化中。人混みではつないだ手を振りきってどこかへ行き、慌てた私を見てはニヤニヤ。長女にはなかった行動に驚かされています。

 平日は私も働いているため、一息つく間もないほどバタバタで、子どもとの時間をゆったり楽しむ余裕もありません。その分休日はなるべく一緒に遊ぼうと思うものの、たまった家事を片付けたり、休息を取ったりしているうちに、あっという間にまた平日が

 そんな日々の中、大切にしているのはスキンシップ。登園前のハグと「いってきます」だけは欠かしません。

 もともと夫婦共通の趣味はスノーボードで、シーズン中の週末は雪山へ。長女の妊娠がわかってからは、近場の温泉旅行が家族の楽しみとなっています。

 誕生日が1日違いの子どもたち。毎年誕生日には家族旅行へ出かけるのが慣例に。この先いくつになっても、家族旅行を楽しみ、友だちのように何でも話し合える親子でいられたら。そしていつか孫が生まれたら、みんなで旅行ができたらいいな、と思っています。

(話/藤本由美子さん)

Your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *