2022年の初めに!
親子の日 Press 2022年1月4日

新年あけましておめでとうございます。

大量の無駄を生産し消費してきた社会の構造にスピードを緩める機能を加えて、新たな一年を踏み出したいと願う2022年。

地球温暖化もそれに伴う諸問題もコロナも、私たち人間が生きるための大切なヒントを与えてくれているように思えます。

地球が私たちに与えてくれた再生のチャンスを生かす時。

命が燃え尽きる最後の時に、キラキラしたエネルギーを残せる日々の積み重ねを心がけたいものです。

宇宙も、地球も、そこに住む私たちもみんな生きています。

地球に喜んでもらえる人間の生き方を一緒に考えませんか。
一人一人の努力で実現できると信じています。

ブルース・オズボーンのキューレーションによる日本外国特派員協会での「干支展」が1月11日から始まります。

今年も日本のアーティストに加えてアメリカとオーストラリアから新しい年への希望と願いを込めた作品が届きました。

2月4日まで展示をしていますので、近くまでいらっしゃった際にはぜひ会場にいらしてください。

20回目を迎える「親子の日」の計画はこれから徐々に発表していきますので乞うご期待を!

展覧会の詳細はこちらに掲載しています

 

©Illustration by Satoshi Otera

Your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *