今年もグリーン電力!
Oyako Day Editorial Team 2020年7月15日

グリーン電力とは、風力、太陽光、バイオマス(生物資源)などの

自然エネルギーにより発電された電力のことです。

地球温暖化をもたらすCo2 (二酸化炭素)排出抑制を目的とした

グリーン電力証書システムに、今年も「親子の日」は協力しています。

 

2020年は、群馬県下仁田町を流れる鏑川のほとりにある、

こんにゃく精粉工場・荻野商店の「まるへい水力発電所」の

グリーン電力を選びました。

 

荻野商店の創業は古く、明治末期に鏑川の水流を利用した精米工場が始まりで

その後、 大正期にこんにゃく製精業を開始。

当時は「こんにゃく水車」と呼ばれる水車製粉技術を使っていました。

「こんにゃく水車」は下仁田でしか見られない貴重な産業遺産ですが、

新たな水車の活用として2008年に工場内を流れる水流を利用して、

“まるへい水力発電所”を稼動させました。

「コンニャク水車」が生んだ現代の傑作とも言われています。

 

今年も地球に優しいパワーで、多くの方の心に広がる「親子の日」の活動を目指します。

 

グリーン電力証書

まるへい水力発電所

Your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *