かけがえのない子育ての日々を
思いとともに絵日記に刻んで
親子の日 Press 2022年12月3日

半径3m、それはちょうどわが家のリビングの広さ。元気いっぱいの娘と話好きな私、2人を見守る穏和な夫。3人の生活が広がります。娘は、旅先で出会ったお友だちにも「一緒に遊ぼう」と声かけするほど社交的。保育園を経て年中から幼稚園へ転園したことも、娘の性格に大きく影響しているのでしょう。早い時期に馴染め、工作の楽しさを学べた園生活は、娘にとってかけがえのないものとなりました。

楽しい時間の続きは自宅でも。テーブルをアトリエにし、塗り絵や絵日記に勤しみます。二人三脚で綴る絵日記は10冊目。娘が絵日記を書く間に洗い物を片付け、寝静まった後、帰り道に話してくれたことを書き足しつつ、一日を振り返ります。

自宅から歩いて30分。坂の上にある幼稚園への入園は、母と娘の挑戦でもありました。はじめての子育ては、手探りの毎日。登園してはホッ、お迎え時は元気な顔を見てホッとする日々。余裕がなくなると、絵日記を見て心の充電をしています。

春からは小学生。「卒園したくない」と涙ぐむ一方、「小学校も楽しみ」と話す娘。新しい世界でも、知る喜び、学ぶ楽しさを味わってほしい。彼女が大人になったとき、「孤育て」が古語となるよう、母もできることを実践していけたらと感じます。

もうしばらくは、小さくあたたかな手のぬくもりを楽しみながら、半径3mの世界を大切に育んでいきたいです。

(田久保薫子)

Your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *