8月は「お母さん業界新聞」
Oyako Day Editorial Team 2019年8月14日

2019年の「親子の日」を越えて、最初の月間親子の日大賞となったのは

「お母さん業界新聞」さまです。おめでとうございます。

 

今年、活動30周年を迎え、8月1日より社名を「株式会社お母さん業界新聞社」として

新たなスタートを切った「お母さん業界新聞」は、以前から「親子の日」の活動に注目していただき、

2014年からは毎月「親子写真」が表紙を飾るコラボレート企画が継続されています。

 

これからの目標は、『日本中に、地産地消の「お母さん業界新聞」をつくること。

一人のお母さんが笑顔になれば、そこから笑顔の連鎖が始まっていく。

新聞を通して“孤育て”をなくし、笑顔溢れる社会をつくっていくことが私たちの仕事。

すべてのお母さんがマザージャーナリストの意識で子どもを育てれば、

よりよい社会になっていくはず。』とのお言葉をいただいています。

 

子育ては未来づくりであり、最も大切な社会事業です。

これからも「愛」がいっぱいに詰まった「親子写真」とともに、

日本中、世界中に、一緒に「親子とは何か」を伝えていきましょう!。

 

お母さん業界新聞 公式サイト

 

 

Your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *