親子をつなぐこの1冊
Oyako Day Editorial Team 2019年8月6日

毎日新聞で毎月最初の月曜日の朝刊に掲載されている「親子をつなぐこの1冊」。

今月、文 天童荒太さん、絵 荒井良二さんの「どーしたど―した」(集英社)です。

主人公のゼンは、小学3年生の元気だけどちょっと変わってるところのある男の子。

口癖のように「どーした」と口にして回ることから、周りの人から嫌われたり、

迷惑に思われているようです。

そんな男の子が、ある事から周囲を巻き込んでいく様子が、鮮やかな絵とともに描かれています。

 

この本をご紹介いただいたのは宮台由美子さん。(代官山蔦屋書店)

大人が読むと、きっとゼンの姿に「忘れていた大切な事」を思い出させてくれるこの絵本。

「子供にはちょっと難しいかも?」という固定観念にとらわれず、

ぜひ、この機会に「親子」でこの絵本を広げてみてはいかがでしょうか?

幸せに生きる鍵は、意外に簡単に手の届くものだと気づかせてくれるはずです。

 

Your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *