親子をつなぐこの1冊
Oyako Day Editorial Team 2019年7月1日

月の一冊は、「プーさんとであった日」(評論社)です!

サブタイトルに「世界でいちばん ゆうめいなクマのほんとうにあったお話」

とあるように、あの「クマのプーさん」に実在のモデルがあったということが

描かれている絵本です。

1匹の子グマと出会い、何か特別なものを感じる獣医師や、

その後イギリスの動物園に移ることとなった子グマと

「クマのプーさん」の作者へとなるクリストファー・ロビンなど、

クマと周りを囲む人々の素敵な関わりが描かれています。

この本をご紹介いただいた宮台由美子(代官山 蔦屋書店 )さんの紹介文、

「これから自分だけの物語を紡いでいく子供と、親子で読みたい一冊です」には

作品に向けた温かな優しさが感じられ、思わずページを開いてみたくなる思いがしました。

皆さんも是非チェックしてみてください!

 

Your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *