2019年3月23日
InterFM897「Lazy Sunday」に出演のお知らせ premium
3月24日(日)と3月31日(日)の2週にわたって、ブルース・オズボーンが  InterFM897「Lazy Sunday」内のコーナー「海浜くらしの研究所」(12:10頃~12:30頃)に出演しておしゃべりをします。 […]
premium
親子の日 Press
2019年2月19日
親子をつなぐこの1冊 premium
今月の一冊は、窪美澄さんの「アニバーサリー」です! 「親になるとは、家族とは、良き親とは何なのか。素晴らしい家族とは、どんな人たちのことを指すのか」と、迷いながら戸惑いながら少しづつ親になっていく。 悩む母に寄り添ってく […]
premium
親子の日 Press
2019年1月21日
Japan Times premium
1月6日発売のJapan Timesに、ブルース・オズボーンの紹介と写真集「Oyako: An Ode to Parents and Children」のリビューが掲載されました。 記事はコチラからご覧ください。
premium
親子の日 Press
2019年1月20日
PetaPixel premium
世界中の写真家が注目しているPetaPixelのブログで「親子の日」を紹介して下さいました。 記事はコチラからご覧下さい。  
premium
親子の日 Press
2019年1月16日
Format Magazine premium
カナダのトロントに本社を持つFormat Magazineのブログで、ブルース・オズボーンの写真を紹介していただきました。 Format Magazineは、最新のアートニュースやクリエーターの作品を紹介するサイトです。 […]
premium
親子の日 Press
TOKYO INTERNATIONAL FOTO AWARDS 金賞に入賞 premium
新発売した写真集「Oyako: An Ode to Parents and Children」への評価をいただき、ブルース・オズボーンがTIFA (TOKYO INTERNATIONAL FOTO AWARDS) Peo […]
premium
親子の日 Press
2019年1月6日
「かわいい存在」であり続けてくれる 子どもたちと、理解あるパパに感謝しつつ、 「ママに見えないママ」を目指しています! premium
撮影時、お腹にいた第二子(茉莉)を、12月に無事出産。一男一女の母となりました。 妊娠中は悪阻がひどく、出産時は痛みも強かったけれど、生まれてきてくれた赤ちゃんに「よくがんばったね!」と思う余裕があったし、本当にかわいい […]
premium
親子の日 Press
全編すべてPC画面で表現される「search」は、そのトリッキーな取り組みも楽しいが、それ以上に謎解きの見事さやドラマの完成度の高さで観客の目を釘付けにする。 premium
カメラを使わず、全編すべてPC画面のみでつくられた映画———— その話を聞いた時、一体果たしてそんなことが可能なのだろうかと、興味津々で鑑賞に臨んだが、 あっという間に話に巻き込まれてしまった。 話が圧倒的に面白いのだ。 […]
premium
Oyako Day Editorial Team
2018年12月16日
Matsurica Blog premium
写真集「OYAKO」で表紙を飾ったのが、松本雄次郎さんと松本梨香さんの親子写真!2018年の「親子大賞 特別賞」受賞のお二人です。 梨香さんが役員を務めるMatsuricaの公式サイトがアップされ、写真集を紹介していただ […]
premium
親子の日 Press
「我が家のおせち料理」 premium
「我が家のおせち料理」   私の育った頃のおせち料理は、お重に詰めた定番おせち料理とお雑煮が並び、 大人はお屠蘇を口にして新年の挨拶と共にいただいたものでした。 そして母は、「おせち料理は、1年中働いてる母親が […]
premium
Oyako Day Editorial Team
2018年12月6日
長女を産んだ分娩台の上で実感した 「生きてきた中で一番幸せな瞬間」を 絶対に忘れることはないでしょう。 premium
保育士の私は、職場でも家でも子どもに溢れた毎日を送り、保育園の子からはパワーを、わが子からは癒しをもらっています。平日は朝から晩までバタバタですが、主人と家事を分担、休日は自然の中へ出かけてはリフレッシュ。両方の実家が遠 […]
premium
親子の日 Press
2018年12月5日
子どもたちには、何でもいい、 何か一つ強みを持ってほしい。 それが、生きる力になると思うから。 premium
長女を産んで“孤育て”を経験した私。鬱々とした毎日から逃れるように、1歳半のとき、看護師として職場復帰。次女のときは待機児童の問題があり、4か月で職場に戻りました。 主人や子どもたちをはじめ、保育園・幼稚園の先生、職場の […]
premium
親子の日 Press