親子をつなぐこの1冊
Oyako Day Editorial Team 2019年6月4日

今月の一冊は、角田光代さんの「さがしもの」(新潮社)です。

この「さがしもの」は、表題作を含めて人と本にまつわる9つの

短編が収められています。

ご紹介くださったTSUTAYA BOOKSTORE岡山駅前にお勤めの

大出久美子さんは、この「さがしもの」を読み終えて

「私の人生に本があって良かった」と感じられたそうです。

母親の影響を受けて幼い頃から本が好きになり、

いろいろな本を手に取りまた人に勧められて、

たくさんの本とともに思い出や人生を形作られた大出さん。

本書にある「本っていうのは、世界への扉」というの一節は、

まさに強く共感が持てる言葉だったのでしょう。

こんな本への愛が満ちている大出さんオススメの一冊は、

あなたもその扉を開いてみたくなるのではないでしょうか?

 

Your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *