〜surfersで「親子の日」〜
親子の日 Press 2018年6月6日

今年初の試みとなるイベント、〜surfersで「親子の日」〜は、写真家のブルース・オズボ―ンが提唱する「親子の日」の願いをたくさんの人に伝えたい、「親子の日」普及の応援をしたいという仲間たちが計画しました。
6月10日は、逗子のsurfersで「親子の日」イベントに参加しませんか?

「親子の日」って?
“生まれて初めて出会う、「親」と「子」の関係を見つめ、家族、地域、社会、そして自然をも含むすべての「環境」に敬意を払い、平和を願う” という思いを込めて7月の第4日曜日を「親子の日」に提唱してから今年で16年がたちます。
親子という、ベーシックで誰にも与えられた関係を再確認し、親から子へと引き継がれていく「命の重さ」を真摯に受け止めることは、現代社会が抱える諸問題、少子化、高齢化、貧困、争いごとなどを解決するための大きな鍵となり、人類として地球環境を大切にするという思いへとつながることでもあります。
「親子」は、国境も文化も宗教も超える世界の共通語!
命を授かったことに感謝できる社会を、みんなの努力で築きませんか?
「親子の日」はみんなで育てる、未来への贈り物~Present to thefuture~ です。
http://oyako.org/
ブルース・オズボ―ン/写真家  「親子の日」オリジネーター(葉山在住)

※イベントの収益の一部は、東日本大震災以降、「親子の日」とご縁が出来た岩手県釜石市に住む親子を、「親子の日」にご招待する費用として使わせていただきます。

ワークショップ、トークショー、映画、ライブ・・・盛りだくさんの一日です。

[昼の部] 16:00~18:00
親子でできるワークショップ(入場は無料)

■似顔絵マシーン
各地イベントで引っ張りだこの100%ヒューマン/エネルギーの似顔絵マシーン!その前に座れば全てがわかる体験型似顔絵アトラクション。
¥700= 一人分

■毛糸のお絵描き
メキシコ先住民族のフォークアート”Yarn Painting”(毛糸絵)をアレンジしたワークショップです。お子様から大人まで楽しめます。
http://chickadee-yarn.com/
¥500=1回
※所要時間は30分~50分(小学生未満のお子様は大人のかたのお付き添いをお願いします)

■ぶち木工の寄せ木のアクセサリーづくり
たくさんの色や模様の木から、自分の好きなカタチの寄せ木で、ブローチ、ヘアゴム、ネクタイピンなどアクセサリーをつくります。
http://www.buchimokkou.com/
¥1000= ブローチ
¥1200= ヘアゴム、ネクタイピン
※所要時間は40~60分(実作業20~40分/ボンドを乾かす時間が20分)

■座間アキーバ((株式会社 花とんぼ)
シアトル育ちのフラワーアーティスト座間アキーバが、この日のために日比谷花壇から提供された「親子の日」の花、ひまわりをモチーフにフラワーアレンジメントのワークショップを担当します。
https://www.hanatombo.com/
¥500= 一人分

■ビー玉転がし/無料 http://havesomefun.jp/
Have Some Fun!が提唱する「Slow Play( スロープレイ)」をかたちにしたのがビー玉転がし!創造や工夫をしながら過程を楽しんで欲しいという思いから生まれました。球体が転がる心地よい音を、遊びの中で楽しんで下さい。

[夜の部] 18:00~22:00
トークショー、映画「OYAKO」上映、Rickie-GとCHAN-MIKAライブ
¥1,500=トークショー+映画鑑賞券
¥2,000=ライブチケット
¥3,000=トークショー+映画鑑賞券+ライブチケット
※18歳未満無料

[18:00~19:00]トークショー
ゲストスピーカーに、元プロサッカーの石川直宏氏と一般社団法人the Organic代表理事の小原壮太郎氏をむかえてのトークショーです。「親子の日」の提唱者、写真家のブルース・オズボ―ンも加わって親子トークを展開します。
途中から、George Cockle氏がMCとして加わる予定です。

 

Facebookのイベントページはコチラから!

 

 

 

 

 

Your comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *